髪と環境に優しいオーガニック美容師を目指したシンママブログ

アラフォーシングルマザー、子どもと楽しく暮らしながらオーガニック美容師目指して勉強中です!

【世田谷区の学校給食を有機食材に変える】学校給食について考えました。

2020.10.1追記しました!

 

おはようございます😃

 

先日こちらの記事を見ました。

「世界に広がるオーガニックの波 世田谷から考えよう学校給食」

passmarket.yahoo.co.jp

 

世田谷区の学校給食を有機食材に変えることを考える

 

とても良いことですよね!

子どもの健康のために、環境のためにも!

 

主催は白金の八芳園さんと表記されてます。

 

すごい!!

ぜひぜひ学校給食のオーガニック、実現して欲しいです。

 

 

私は小学校、中学校と世田谷の学校に通っていました。

当時、確か小学校は校内で給食を作っていたので美味しかったのですが、中学校は給食センターで作られたものでした。

正直言ってしまい申し訳ないのですが、、

美味しくなかったです。

今思います。何であんなに美味しくない給食をみんな食べさせられてたのだろう。。

 

つい何年か前に幼稚園の給食問題がありましたよね。

今、こうして食の意識が高まってますが、当時私が中学生のころ、25年以上前は今ほど食の意識はなかったと思います。

当時の給食大丈夫だったのかぁ。

 

ちょっと余談ですが、牛乳について。

私は幼い頃から牛乳が苦手で、お腹も壊しやすかったのですが、給食で牛乳が出るため飲んで?飲まされていました。

大人になった今でも牛乳は料理に使うことはありますが、そのままは飲めません。

4歳の息子も好きじゃないようで飲みません。

苦手なものを毎日飲まないといけないのは辛かったですし、果たして健康のためといいますが、本当に飲まないといけなかったのでしょうか?

 

牛乳、敗戦後にアメリカから入ってきたのですよね。

それまでは牛乳は日本では飲んでいなかったようですね。

そしてそれから学校給食で出るように。

身体の構造上、日本人ではうまく牛乳を消化できない人もいるようです。

私がそれだと思います。

 

給食、抜本的な改革が必要かと思います。

 

 

ちょっと余談でしたが、こうして人々の食の意識が高まり、子どもたちが毎日食べる給食がオーガニックに変わっていく。とても素晴らしいことですよね。

 

 

自然派の実業家さんのハナリンさんのブログで学校給食についての記事です。

ameblo.jp

 

抜粋

趣旨 喜多方市には熱塩加納町の学校給食やさくらっこ保育園のように、子供たちの健やかな心身の発達のために食を大切にしている取り組みがある一方で、このような取り組みが会津全域にも喜多方市内にも広がっていません。

 

吉田俊道さんは長崎県佐世保市有機農業を営む傍らで、全国で講演を行い、香川県三豊市の給食指導を行なって子供達に健康改善に成果をあげています。

 

吉田さんの講演や映画上映をきっかけに、食を通じて子供の健やかな成長を大切にする取り組みが喜多方全域や会津全域に広がるにはどうしたらいいか一緒に考える機会にできればと考えます。

 

 

ハナリンさんは「ふくしまこどもの学校給食を考える会」の事務局をされています。

 

 

オーガニック専門家のayanoさんのブログでも詳しく学校給食について書かれていました。

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

 

 

我々、大人が子どもを守らないと。

私ももっと食にについて学んでいきたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました(^-^)

 

 

追記 9.25 参加して来ました。

「世界中に広がるオーガニックの波
子どもたちの給食を有機食材にする全国集会 世田谷から考えよう学校給食」
かなり衝撃的な事実に驚愕しました。
レポート書きましたのでぜひ読んで下さい↓

maimaist.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

いつもブックマーク等ありがとうございます(^-^)

↓ ↓ ↓