髪と環境に優しいオーガニック美容師を目指したシンママブログ

アラフォーシングルマザー、子どもと楽しく暮らしながらオーガニック美容師目指して勉強中です!

モラハラ夫調停に遅刻。そして号泣。疲労困憊の初めての調停。

前回、調停で私たちの番が終わり、次に別室で待機しているはずのモラハラ夫の番です。

 

が、、

 

なんとモラハラ夫が来てないとのことです!!

 

男性の調停員さんが、私たちのいる部屋に来て、

モラハラ夫がまだ来ていない。電話も繋がらないようだ。

と伝えにきました。

 

モラハラ夫は時間にルーズか聞かれ、まさしく時間にルーズなので、伝えるともう少し待ってみるとのことでした。

 

弁護士さんと顔を見合わせました。

 

まさか来ないとかはないよね?

 

しかし、事前に弁護士さんに調停に出席するとは言っていたので、来ないことはないかと思います。
ただ単に遅刻なのかと。。

 

相手が調停に来ないと、もちろん相手には不利なのですが、来ないため調停が成立しません。
よって離婚が長引きます。

 

それは避けたい。


私は一刻も早く離婚したい気持ちが強かったです。

 
現場がざわついて、20分くらいたったかと思います。
再度調停員さんが来て、モラハラ夫来た。と知らせてくれました。

 
よかったぁ。

 

けど、遅刻。
調停に遅刻。。

 

時間にルーズでよく仕事に遅刻していました。
それを私のせいにされてました。

「俺がもっと遅刻しないようにして!」と。
社会人としてここらで制裁を受けた方がよいのではないでしょうか?

 

 遅刻はおいといて、モラハラ夫と調停員さんの話し合い、長かったです。

弁護士さんも時計を見ながら、

「そろそろだと思うんだけど、長引いてるかも。」

と。

弁護士さん曰く、長引くのはあまり良くない方向みたいです。
早いということは、すんなり相手が受け入れてくれるから早く進むのだけど、認めなかったり、拒否したりすると話しが長くなると。

 

確かに。

 

ようやく男性調停員さんが来ました。
そして、何と、、

モラハラ夫が号泣してしまい長引いたとのことです。

 

話しが終わり最後に、事前に弁護士さんを通じて、調停で子どもの写真をモラハラ夫に渡すのを頼んだところ、その写真を見た途端に号泣しだしたそうです。

 

どうなのでしょう。。

 

私は冷ややかでした。
これがあなたが壊した家庭。貴方の罪と罰です。
と、あまり同情する気にはなれませんでした。

 

その涙も子どもを想っての涙というより、モラハラ夫は被害者意識が高いので、子どもに会えなくなった可哀想な自分への涙に思えました。
正直もう純粋な相手を想う涙ではなく、自分のエゴの涙、キレイな涙に思えませんでした。

 

こうモラハラ夫に対して、真っ直ぐな気持ちで向かい合えない自分自身が辛いです。
離婚した今現在でも、どうしてもモラハラ夫の行動や言動、斜に構えて見てしまいます。

 

上手く説明できませんが、彼はくせ者です。

 

産後モラハラで虐げられてきて、子どもにも強く叱るのを見て、私は彼を純粋な眼でもう見れません。


決して悪人ではないと思うのですが、、
偏屈というか、自己愛が強いというか、他人の気持ちを考えない、、

 

もうこれからの人生で彼に会うことはないと決めています。
私が私でいれなくなるので。

 
そんなモラハラ夫が子どもの写真を見て号泣。
ようやく落ち着いて今別室で待機してるとのことです。

 
そして私たちが再び調停員さんの部屋に呼ばれました。

 

着席するなり男性調停員さんが、

「彼、子どもへの愛はあると思いますよ。」

 
そうですね、子どもへの愛。あるとは思いますよ?
が、それよりも自分自身への愛が強い人なんですよ。

 
男性調停員さん、丸め込まれたようです。

それとも私が冷たい人間なのでしょうか?

 

調停。
心が魂がえぐられます。

 

調停でモラハラ夫が号泣し、もう一度私たちが呼びだされました。
調停員さんによると、モラハラに関して、子どもへのいき過ぎたしつけに対しても否定したそうです。
そして離婚に関しては、したくないと。

 

モラハラなんてしていない。
ただコミュニケーション不足ではあった。
maimaiと話しをちゃんとしようと思っていた。」

 

「子どもに対しては、一度おもちゃを目に刺してこようとしたから、それはダメだよ!と分からせるように話したことは一回あります。」

 
と言ってるんだよ。
と、男性の調停員さんに言われました。

 

怒りの感情が湧きでました。

 

私に対してのモラハラのことはいいです。
モラハラ夫にも言い分があると思います。

 

しかし子どもに対しては違くないですか?

 

私は調停員さんに、モラハラ夫が子どもに対して強く叱りつけた日時と内容のメモ、ノートを見せました。

 

「一回だけなわけがないです。叱り方も分からせるようにではなく、自分の苛立った感情のままに叱りつけていました。」

 

悔しくて自然と涙が出ていたと思います。


調停員さんが、ノートを見て 

 

「このノートは何?うん、これ見る限りだと一回ではないねぇ。」

 

と言いました。

 

弁護士さんが

 

「実はmaimaiは日々のモラハラや子どもへのことを日記を書いていたのです。」

 

と言いました。

 

2人の調停員さんたちは

 

うーーーん。

 

と少し考えこんでいる様子でした。


おそらく双方の話しが全く違うのでしょうね。


モラハラ夫は、モラハラに子どもに対しても否定したのですから、、
そして、号泣。。


すると調停員さんたちが、陳述書かな、と話し合ってました。

 

男性調停員さんが弁護士さんに

「次回の調停までに陳述書を提出して下さい。」

と言いました。

 
私はこの時、陳述書というものを知らなかったのですが、陳述書とは言い分や自分の体験した事実をまとめたもののようです。
 

こちらの提出を命じられました。

 
もうひとつ、、、

そして、婚姻費用について、、

 

現在、モラハラ夫は私の弁護士さんに言われ婚姻費用を毎月10万円払ってくれていました。

毎月といっても、最初はなかなか払ってくれず、ようやく10万円払ってくれたところでした。
これが高いと調停員さんに訴えたそうです。

 

当初、弁護士さんは算定表をもとに、モラハラ夫に婚姻費用を請求をしていたのですが、その時はまだ私は無職で無収入だったので、この額が相当だったのですが、今は保育園に入れ、少しですが給料収入ができたので、この額では高いとなってしまいました。
そして現在の私の収入ができたことをふまえて、婚姻費用を月10万円から8万円に減らされてしまいました。

 

算定表

http://assets.flips.jp/files/users/tky-law/konnin-hiyou.pdf?_=1308620520

 
離婚はしたくないが婚姻費用は下げて欲しい。

離婚したい思いは増すばかりです笑


これで私は今回は終了で帰宅でしたが、この後モラハラ夫が調停員さんに呼ばれ、最後に話しをしてからモラハラ夫は帰宅となります。

 

入り時間に帰宅時間、ずらしてもらえる配慮はありがたいです。


が、モラハラ夫と調停員さんの話しが早く終わり、すぐに出てきたら、モタモタしてると鉢合わせてしまうので、急いで弁護士さんと裁判所を出て私は帰宅しました。

 

弁護士さんが側にいてくれて大変心強かったです。

 
こうして第1回目の調停が終わりました。

 

12時ごろ裁判所を出て、急いで自宅に帰宅してから何もする気になれませんでした。
お昼を食べる気にもなれず、2時間くらい床で横になっていたと思います。
倒れていたといった方が正確かな。

いろいろな感情です。が、決して良い感情はありません。
負の感情ばかりでしょうか。

 
万が一、モラハラ夫と鉢合わせしたらという恐怖。


すぐ側にいるという恐怖。


調停という緊張感。


家を出た罪悪感。


悲しい思い出を人に話す辛さ。

 

思い出す辛さ。


モラハラ夫が号泣という何とも言えない気持ち。


モラハラ夫が子どもへの、いき過ぎたしつけを否定し嘘をついた怒りの感情。

 

 
負の感情ばかりで疲労困憊で動けなかったです。


訴える方も負の感情で、訴えられる方も負の感情。


でも、これから幸せになるための掃除。精算。

 

 
私には調停というものは、心というより魂がえぐられるようでした。

 

人生で初めての調停は疲労困憊に終わりました。

 

このブログがモラハラ夫に苦しむ方や、モラハラ夫と離婚を考えている方の少しでもお役に立てたら幸いです。

 

私が離婚について勉強した本です。

各種相談窓口、法テラス、法的なこと、離婚前にやっておいた方がよいこと、離婚後の各種手続き等分かりやすく載っています。

離婚をお考えの方、一読されると良いかと思います。

 

アマゾンの方

 

 

楽天の方


 

 

2020.10月追記 

モラハラ夫に苦しんでいる方。

離婚を考えてるけど経済的な面で諦めている方。

法テラスもあります。こちらも検討下さい。

無料相談があり弁護士の先生が相談にのってくれます!
どうかひとり悩んで苦しんで辛い毎日をおくらないでください。

 女性相談所等の各相談窓口でも法テラスのこと詳しく聞けるかと思います。

 

【法テラス】まとめ記事

maimaist.hatenablog.com

 

【女性相談所】まとめ記事

maimaist.hatenablog.com

 

離婚、モラハラブログこちらにたくさんあります。

ランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります(^-^)

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

 

いつもブックマーク等ありがとうございます(^-^)

↓ ↓ ↓