髪と環境に優しいオーガニック美容師を目指したシンママブログ

アラフォーシングルマザー、子どもと楽しく暮らしながらオーガニック美容師目指して勉強中です!

【シュウウエムラ】ザ・ライトバルブフルイドファンデーションお仕事コスメです!

おはようございます😃

以前に【優秀プチプラコスメ】の記事を書きましたが、今回は仕事で使っている優秀コスメを書いていきたいと思います。

 

maimaist.hatenablog.com

 

 

今日は仕事でヘビロテで使っているファンデーションについて書いていきます!

 

私は現在美容師ですが、ヘアメイクスクールを卒業してから今までメイクのお仕事はずっとしていて、美容室でお客様にメイクはもちろん、他にも卒業式、成人式にブライダルや舞台に撮影。美容師に向けたメイクレッスンを行っていて、メイクのお仕事はなんだかんだで15年以上は経つのですが、そんな中でず〜っとヘビロテで使っているファンデーションになります。

 

シュウウエムラ

 

シュウウエムラザ・ライトバルブフルイドファンデーションを使っています。

税込5720円

 

f:id:maimaist:20200907130425j:image

 

f:id:maimaist:20200907130431j:image

 

lightbulb fluid foundation - foundation makeup - shu uemura

 

 

他のシュウウエムラのファンデーションも使ってますが今はこれをリピしてます。

 

私はシュウウエムラはファンデーションだけでなくアイシャドーやリップも使っています。色ものも優秀ですよ~

昔、シュウウエムラ開催の美容師のヘアメイクコンテストを見に行ったくらいシュウウエムラは大好きで、そのコンテストにインスパイアされて、その後メイクで携わった作品が他のコンテストで何点か入賞したこともあります^_^

 

それくらいシュウウエムラは好きなのですが、このシュウのファンデーションは本当に使いやすいです!

よくのびてムラになりくいのにカバー力も高く崩れにくい。

 

私はファンデーションを塗るときはファンデーション用の筆で素早くさささっと塗り、そのあとファンデーションをより肌に密着させるためスポンジでパッティングしていきます。
素早くさささっと塗るのは、その方がのびが良いからです。

もたもたしてるとファンデーションが乾いてきてムラになりやすいです。
そして、スポンジでパッティングは密着させるのもあるのですが、この時余分なファンデーションを取る効果もあるので必ずパッティングをします。

 

するととうでしょう。
綺麗で自然なツヤ肌になります!

 

(ファンデーション用の筆がない方、指でもスポンジでもよいので素早くさささっと伸ばしてください。

素早くが大事です(^-^))

 

現在、私がメイクの仕事する時は、ブライダルや撮影、成人式といったしっかりメイクの現場が多いのですが、そういった時このシュウのファンデーションはカバー力が高いので使えます!

 

もし、20代前半で肌も綺麗なお若い方で、普段の日のナチュラルメイクをする場合はこのシュウウエムラのファンデーションだと少し重い方もいるかと思います。
そういう場面ではRMK等の他のファンデーションを使ったりするのですが、それ以外はほぼこのシュウのファンデーションを私は使ってます。
成人式は20歳というお若い方ですが、しっかりめにメイクを仕上げたいのでこのシュウのファンデーション使いますよー(^^)


もともと私がシュウウエムラのファンデーションを使うようになったのは、メイクの師匠が男性だったのですがシュウエウムラ推しで、それから私もハマるようになりました。
師匠はもとも写真スタジオ専任のメイクさんだったので、やっぱりカバー力の高いファンデーションが必要だったのでしょうね。


私もシュウウエムラのファンデーションのカバー力や使いやすさ、崩れにくさに惹かれて仕事で一番ヘビロテするファンデーションとなりました

 

カバー力のあるファンデーションお探しの方シュウのファンデーションはおすすめです!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

 

まだまだお仕事コスメはあるので、今度書いていきたいと思います。

よろしくお願いします😊

 

10月追記 優秀コスメまとめ記事かきました!

maimaist.hatenablog.com

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

よかったらワンクリックお願いします、励みになります(^-^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

いつもブックマーク等ありがとうございます(^-^)

↓ ↓ ↓